植物性

乳酸菌摂取で善玉菌は増やす

http://www.sagami-magic.jp/syokuhinn.htmlにも書いてあるように、ヨーグルトをはじめとする発酵食品に含まれてる乳酸菌は、子供も大人も誰もが健康的な生活を送るために必要なもの。
特に赤ちゃん健康な腸内を作るために乳酸菌が必要ですし、お年寄りでも腸内に善玉菌が多ければ長生きであると言われています。
腸はあらゆる病気を予防し、体外に老廃物を排出してくれる大切な器官ですから、乳酸菌は誰もが積極的に摂るべきものです。

乳酸菌を摂取すると、ヤクルト菌をはじめとする細菌が体の中へ入っていきます。
これらの最近は善玉菌となって悪玉菌(大腸菌など)を減らし、善玉菌が優勢の腸内環境を作り出します。
そもそも人間の腸内環境は体質によってそれぞれコンディションが異なりますが、老廃物を排出するためには遺伝的要素のほかに自分でも乳酸菌を補う必要があります。

私たちの腸に住みつく100兆個の細菌は「腸内細菌」と呼ばれています。
ビフィズス菌などの腸内細菌は腸内をを酸性に保ち、病原菌が繁殖しにくい環境を作っています。
また、乳酸菌を摂るとブドウ糖を分解して乳酸を生成しますが、この乳酸が大腸の蠕動運動を引き起こすきっかけとなります。
蠕動運動が起これば便が排出しやすくなるので、便秘に悩んでいる方は積極的に腸に良い善玉菌を増やしてあげましょう。

もしも乳酸菌を摂らず、善玉菌を増やさないまま悪玉菌の増殖を放置していると、腸内には便が停滞し、腐敗ガスが充満して血液にガスが吸収されていきます。
その結果、体調不良や頭痛などの症状から、腹痛、腰痛などのトラブル、さらには便が出ずに腸内で止まったままのトラブルへと繋がる危険性もあります。
そうならないためには、普段から腸の活動を正常化させておく必要があります。

乳酸菌を摂取すると、善玉菌が増えるだけでなくコレステロール値が低下する効果も期待できます。
特に中高年以降の方は自然と代謝が落ちてコレステロールが上がりやすいため、乳酸菌の摂取を習慣化して健康をキープしましょう。

乳酸菌の主な効果として整腸作用が有名ですが、他にも種類ごとに異なった特徴があります。
風邪やウィルス感染を予防できるものhttp://www.kfir-l.com/seityousayou.htmlや、
アレルギー症状を緩和できるものhttp://www.knews.jp/siritai.html
ガンの発症を予防できるものhttp://www.nachucafe.jp/cancer.html
など、いろいろありますので、効果別で選ぶと良いでしょう。



Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.