植物性

植物性乳酸菌の種類

私たちがよく知る乳酸菌には、植物性の食品の中を住みかとする「植物性乳酸菌」と、動物性の食品の中を住みかとする「動物性乳酸菌」の2種類に分けられています。
動物性と植物性に分けられるとはいっても、現在発見されている乳酸菌の種類は350種類とも言われています。
それぞれ形や熱への耐性、寿命などが異なり、生きて腸まで届く乳酸菌があれば、すぐ死んでしまう弱い乳酸菌もあります。

植物性は胃酸に強いと言われるています。
サプリメントや食品に配合されることも多く、種類としては漬け物に多く含まれる「ラクトバチルス・プレビス」「ラクトバチルス・プランタラム」、味噌に多く含まれる「テトラジェノコツカス・ハロフイルス」などが挙げられます。
どれも聞き慣れない名前だと思いますが、普段食べている漬け物や、ドイツのザワークラウトなどにも含まれている有益な乳酸菌なのです。

植物性は身近な食べ物に存在していながら、動物性はに比べて過酷な環境で生き抜くことができる細菌たちなのです。
ブドウ糖をはじめとするさまざまな糖に関係し、さまざまな微生物と共存することができるため、生命力の強いものとも言えるのではないでしょうか。
最近ではこの植物性の腸内バランス改善効果に注目が集まり、「生きて腸に届く」ことを実現できる菌としてさまざまな製品に利用されているといわれています。
サプリメント、ドリンク、粉末タイプなど、持ち運びにも便利な製品が次々と登場しています。

発酵食品http://ourtribe.mobi/hakko.htmlを日常的に食べる人なら問題はありませんが、あまり漬け物を食べない方にはドリンクやサプリメントがおすすめです。
漬け物では塩分を摂り過ぎるおそれがありますが、サプリメントならその心配はありません。
乳酸菌は全部で350種類あると言われています。
これからさらに新たな乳酸菌が発見されるかもしれませんが、今現在も私たちは自分の健康のために最適な植物性乳酸菌を好みに合わせて摂取することができるのです。
こちらでは最近注目されている新型乳酸菌http://www.jointfire.com/sinngata.htmlや耐性乳酸菌http://www.korealawtoday.com/tai.htmlが紹介されています。


Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.