植物性

乳酸菌はどうやって摂取するのか

乳酸菌といえば、腸内環境を整えてくれる強い味方です。
飲み物やサプリメントから摂取する方法が手軽ですが、さらに効率の良い方法はあるのでしょうか。

乳酸菌を効率良く摂るために
これを効率良く摂るには、菌の栄養源であるオリゴ糖と組み合わせることが理想的とされています。
オリゴ糖を摂ることで乳酸菌が食事を摂ることができ、活動がさらに活発になると言われています。

オリゴ糖は野菜に豊富に含まれています。
アスパラガス、玉ねぎ、キャベツ、ごぼう、じゃがいもなどはその代表例ですが、特にオリゴ糖を多く含んでいる野菜はてん菜なのです。
また、野菜以外では納豆や豆腐、味噌などの大豆製品、またバナナや牛乳にも豊富に含まれています。

・サプリメントを利用する
これを含む食品にはいろいろなものがありますが、毎日食べられない場合はサプリメントhttp://www.izamania.net/sapuri.htmlを活用すると良いでしょう。
サプリメントなら手軽に持ち運べて、どこでも自由に乳酸菌を補充することができます。

特に最近では配合される乳酸菌の種類も多様化し、植物性乳酸菌や新しく発見されたばかりの乳酸菌なども利用され始めています。
ヨーグルト100個分の乳酸菌をまとめて摂取できるサプリメントは、悪玉菌が多く腸内環境が悪化している方におすすめのアイテムです。

・ビフィズス菌の摂り方について
これらの中でも「ビフィズス菌」に関しては、含まれる食品が限られているのです。
基本的にはヨーグルトや乳酸菌飲料、あるいはサプリメントからしか摂取することができません。
せっかくビフィズス菌http://www.fscop.jp/bif.htmlを摂るのであれば、オリゴ糖と組み合わせて摂取し、相乗効果を狙うと良いかもしれません。

乳酸菌の摂取はちょっとした工夫で驚くほど効率的になあります。
毎日の健康のために、飲み物やサプリメントを上手に活用し、場合によっては使い分けるなどしてしっかりと継続することが大切です。
体調などにも配慮し、効果を見ながら習慣化されることをおすすめします。
乳酸菌サプリを選択時のポイントも知っておけば役立つかと思います。

Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.