植物性

乳酸菌を過剰摂取しても大丈夫?

私達の健康を守る乳酸菌は、毎日飲料やサプリメントから継続的に摂取する必要があると言われています。
腸内環境を整えて便通を正常化させるには、定期的に乳酸菌を補ってあげなければなりません。
ところで、この乳酸菌の必要摂取量は1日に200g〜300g程度が理想的であると言われています。
もちろん乳酸菌をそのまま摂取することはできませんから、これを含んだ製品を200g〜300gということになります。

さらに国の規定によれば、1mlあたり100万個以上の乳酸菌を含む飲料もしくは、1mlあたり100万個以上のこれを含む乳製品を摂取することが理想的と考えられています。
これは細菌ですから、100万や1000万と言われると途方もない数に思えますが、腸に届いて定住し、活動するのはそのうちのほんのわずかです。

乳酸菌のほとんどは加熱処理や胃酸によって死滅するか、腸に届いたとしても活躍の場を与えられず体外に排出されてしまいます。
ほんのわずかな選ばれたものしか戦うことができません。
つまり、少ない数でしっかり戦ってもらうためには、毎日継続的に乳酸菌を摂取するのが望ましいのです。

これを一度にたくさん摂れば高い効果を狙えるのでは?という意見もあります。
しかし、一度に大量に乳酸菌を摂取してもすぐに効果は得られません。
むしろ消化器のの弱い方はお腹を下す可能性もあり、過剰摂取は体に負担を与えるだけなのでやめましょう。

乳酸菌を過剰摂取するのは望ましくありませんが、毎日同じ量を継続的に摂ることは理想的です。
これで腸内には定期的に善玉菌が送り込まれることになり、悪玉菌が万が一大量に巣食っていたとしても定期的に掃除をすることができます。
食べ物や生活習慣の関係で悪玉菌が増えやすくなっても、急激な増殖を防ぐこともできます。
継続して摂取するなら、ヨーグルトや乳酸菌飲料を使って朝や昼、もしくは夜の決まった時間に必ず口にするよう心がけましょう。
乳酸菌は胃酸に弱いので食後に食べるようにしてください。

摂取するときはhttp://game7.jp/eiyouso.htmlに載っているような一緒に摂ると良い栄養素も組み合わせると良いでしょう。


Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.