植物性

便秘を解消する事はできるの?

乳酸菌は便秘の解消に効果があると言われています。
というのは、乳酸菌を摂ることで善玉菌が腸内に増え、ブドウ糖を分解して乳酸を発生、腸内を酸性にする力があるからです。
腸内が酸性になれば悪玉菌が増えづらくなり、さらには有害な病原菌が侵入しづらい環境になりますから、便意が起こるようになったり、腸内に溜まっていた腐敗ガスが出なくなるなど、環境が正常化されていきます。

ただし一つだけ注意したいことは、乳酸菌はたくさん取り込んだからといってすべてが活動できるわけではありません。
飲料などに含まれるものは、腸に届くまでにほとんどが熱や胃酸によって死滅し、さらに腸に届いたものもそのほとんどが体外へ排出されてしまいます。
つまり、腸に届いて働ける乳酸菌というのはごくわずかな量なのです。

便秘を解消するためには、乳酸菌を継続的に摂る必要があります。
菌の持つパワーが活かせるということは、死滅する分も含めてたくさんの量が必要になるということです。
また、乳酸菌をたくさん摂ったからといってすぐに効果が出るわけではなく、人によっては乳製品を食べるとお腹を壊しやすい方がいます。
これを補って腸内環境を正常化するには、まずは無理のない量からスタートし、継続的に摂取しつづけることがもっとも効率的な便秘解消方法です。

また、乳酸菌だけでなく食物繊維やマグネシウムなど便通のサポートをしてくれる成分を摂ることも必要です。
腸内を正常化しても、便の質が悪ければスムーズに腸内を通り抜けることはできません。
ヨーグルトなどで乳酸菌を摂っているのに全然お通じがない!という方もいらっしゃいますが、そうした方は普段の食生活を今一度見直してみると良いでしょう。
また、乳酸菌が花粉症を防ぐ効果もあるので、多様な面で活躍してくれます。

便秘解消には、乳酸菌だけの力では難しい部分もあります。
運動や便の元になる普段の食事、あるいはストレスの有無など、人によって体質や体調はそれぞれです。
一刻も早くお通じが欲しいという方は、まずは毎日の生活を見直し、無理なく乳酸菌を摂るところから始めてみましょう。
乳酸菌が生きている仕組みこちらも興味深いです。


Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.