植物性

悪玉菌が体に及ぼす影響

腸内で悪さをする悪玉菌にはさまざまな種類がありますが、よく知られているところでは大腸菌・ブドウ球菌・クロストリジウム・緑膿菌などがあります。
私たちの腸内には多かれ少なかれ、善玉菌とともに悪玉菌が共存しています。
両者は日々戦いを行い、善玉菌が優勢になっている時は腸内は健康に保たれますが、悪玉菌が優勢になるとさ環境状態は悪化していきます。
乳酸菌飲料などから善玉菌を日常的に摂取されている方もいらっしゃると思いますが、善玉菌を増やすということは悪玉菌を取り除くことと同じなのです。

悪玉菌が優勢になると具体的にどのような問題が起こるのでしょうか?具体的には、腸内のタンパク質を腐敗させることにより有害な物質を発生させたり、下痢や便秘を引き起こすなどのトラブルがあります。
下痢や便秘だけでも私たちの生活サイクルを乱すため厄介な悩みです。
しかし、それ以外にも有害な腐敗ガスを出したり、肌荒れ、花粉症、アレルギー、慢性疲労、さらには大腸がんなどを起こす原因ともなります。

悪玉菌のエサは動物性のタンパク質で、肉などを過剰摂取していると知らないうちに悪玉菌が腸内で増加していきます。
同時に善玉菌も増殖すればバランスが取れて問題はないのですが、悪玉菌が優勢になればそれだけ腸内は便秘や下痢などのトラブルを引き起こしやすくなるのです。
今現在便秘症を患っている方は、悪玉菌の活動をこれ以上優勢にさせないよう、腸内環境からしっかりとケアしていくことが大切です。

乳酸菌を日常的に摂取している方は、たまに摂るもしくはほとんど摂らない方に比べて長生きしていると言われています。
寿命以外の部分では、毎日のお通じが良い、代謝機能が正常で太りにくい体質であるなど、善玉菌が多いだけでもたくさんのメリットがあります。
今現在悪玉菌に腸内環境を占有されている方は、見かけは若くてももしかすると腸内年齢はプラスになっているかもしれません。
悪玉菌の悪い影響を取り除くためにも、毎日の生活の中で積極的に乳酸菌を摂ることが大切です。
効率良く摂るには普段の食事からの摂取が理想的ですが、私たち日本人は外国人に比べて腸が長いので植物性乳酸菌を積極的に摂るのが望ましいです。
植物性は味噌や納豆など和食として親しまれている発酵食品に含まれていますので、和食中心の食生活を心がけると良いのではないでしょうか。

乳酸菌はペット用のサプリメントとしても売られています。
愛犬の腸内環境を整えてあげることでいつまでも健康な体を維持させてあげることができます。
かわいいペットたちに少しでも元気に長生きしてもらうためにも是非ペット用の乳酸菌サプリメントをあげてみてください。

Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.