植物性

赤ちゃんと乳酸菌

便秘や下痢、さらには大腸がんの予防に必要なことは「腸内環境の正常化」です。
腸内環境正常化にもっとも大切なことは、ヤクルト菌やビフィズス菌などの乳酸菌を継続的に摂取し、腸内にはびこる悪玉菌を掃除してきれいな状態を保つということです。
特に乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料に多く含まれており、毎日の生活の中で気軽に摂り入れられるようになりました。

離乳後のお子さんなら自力で乳酸菌を摂取することができますが、問題は生後まもない赤ちゃんです。
赤ちゃんの腸内の仕組みは大人とは異なり、特に授乳期の赤ちゃんは腸内細菌の95%が善玉菌で占められているため、抵抗力がなくても免疫力がついた状態になっています。
赤ちゃんのお腹には最初から乳酸菌が大量に存在していたわけではありません。
生まれたばかりの赤ちゃんの腸内にはブドウ球菌や大腸菌が多い状態ですが、ここで母乳を飲むことによって乳酸菌がそれをエサとし、爆発的に数を増加させるのです。

母乳は善玉菌だけのエサになるもので、母乳をしっかり飲んだか飲んでいないかで赤ちゃんの持つ善玉菌の数にも影響が出てしまいます。
人工乳で育った赤ちゃんと比べると、10倍もの差が開くことが研究によって報告されています。

つまり赤ちゃんはお母さんの母乳だけをしっかり飲んでいれば良いのであって、大人と違ってサプリメントなどから補う必要はありません。
もちろん離乳後はヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品を摂取することで乳酸菌を補うことができますから、腸内に善玉菌が不足していてもそれほど深刻ではありません。
しかし赤ちゃんの体を作るもっとも重要な食事は母乳ですから、離乳が完了する生後五ヶ月までは非常に重要な時期と言えます。

成長過程でさまざまな病気への抵抗力をつけるのが乳酸菌の力です。
赤ちゃんの免疫力に直接関わっているということで、これから赤ちゃんが生まれる予定のお母さんは健康的な生活を心がけ、質の良い母乳を出せるようにしておきましょう。
乳酸菌の基礎知識はしっかり知っておくことが大切です。



Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.