植物性

乳酸菌とはどういったもの?

乳酸菌は子供から大人まで誰もが知っている、腸に良い細菌の一種です。
ヨーグルトなどの食べ物や乳酸菌飲料に多く含まれ、お腹の調子を整える効果があるほか、最近では胃の調子を改善するためにも良いと言われています。
これはもともと人間の腸内に存在する「善玉菌」と呼ばれる細菌たちのことですが、「悪玉菌」と呼ばれる悪い細菌も同時に腸内に存在するため、悪玉菌の比 率が善玉菌を上回ってしまうと、たちまち腸内環境は悪化、便通が滞ったり腐敗ガスが腸内に充満するなど、さまざまな悪い影響をもたらします。
そこで、これを補ってあげることで悪玉菌を追い払い、正常な腸内に戻すのです。

乳酸菌の特徴としては、ブドウ糖を消費して乳酸を作ることで、腸内環境を整えるというはたらきです。
腸内環境が整えられれば便通が正常になり、お通じは一日に一回のペースできちんと訪れます。
また、これは今現在発見されているだけでも約350種類があります。
そのなかでも特に良いはたらきをしてくれる「ビフィズス菌」「ヤクルト菌」などの菌類はCMなどでもおなじみの菌たちです。

最近では「L29乳酸菌」「ラブレ菌」などが新たに発見され、ヨーグルトなどの製品に使用され始めています。
それぞれの菌は形や寿命が異なり、サプリメントや乳酸菌飲料などに利用されています。
子供でも気軽に飲める飲料は特に人気があり、朝食や昼食の定番ともなっています。

これを配合した飲料にもさまざまな製品が登場しており、より美味しく、より飲みやすいものが生まれています。
東欧のブルガリアではヨーグルトを日常的に口にしている地域が多くありますが、乳酸菌のパワーによって長生きしている方が多いことでも注目されています。
乳酸菌には植物を原材料とする食品に存在する植物性乳酸菌と、動物由来の食品に棲息する動物性乳酸菌の二種類があります。
どちらも私達の体の中では病原菌などから守り免疫力向上をサポート、さらに腸内の環境を整えて気持ち良く生活する手助けをしてくれます。
これから健康を意識して生活を始めるなら、まずは手軽に乳酸菌からチャレンジしてはいかがでしょうか。


Copyright(C) 2013 お腹の調子を整える成分 All Rights Reserved.